再就職を成功させよう

年齢というハンデをどう乗り越えるか

中高年が就職するためのポイント

一言で転職と言っても、若い人と30代半ば以上の中高年では難易度が全然違います。基本的に企業は自社のカラーに染めたいという意識が高く、すでにカラーがついている中高年は嫌煙されてしまうものです。更に、給料・待遇においても若い人と比べ経費がかかる場合が多い事も就職しにくくなる理由の一つです。

実際に求人サイトを見て希望の案件を見つけても、年齢制限を設けている場合が多く、年齢が大丈夫だとしても書類で落とされてしまう人も少なくありません。何度も不採用通知をもらい、自信をなくしてしまって更に就職が厳しくなる人は少なくありません。

こうした悪循環に陥る前に、適切な就活方法かを見直すようにしましょう。意外と多いのが、若い人と同じ感覚で求人サイトを見ている人です。一般的に年齢を重ねている人は、前職がある場合がほとんどなので、前職のスキルを生かせる仕事をピンポイントで探すべきです。また自分の能力を客観的に見て自分の良さをしっかりと把握することも大事。自分がどういった仕事に向いているかをハッキリさせた上で動くようにしましょう。

また、最近はネットのみの求人が増えているので、ネットが苦手でも毎日ネット接続をして検索し続ける事も大切です。求人はタイミングがものを言います。人気の求人はすぐに奪われてしまうため、しっかり求人情報を監視しておきましょう。

そして最後に注意点もあります。求人サイトの中には魅力的な条件として「誰でも歓迎」といった企業がありますが、こうした場合はなぜ誰でも歓迎なのかをリサーチしておくことが重要です。現在中高年で再就職できる人は4人に1人と言われています。「誰でも歓迎」という甘い言葉に誘われて、ブラックだった場合、短期間の職歴はかえって不利になるため、後悔しないためにもしっかり吟味するべきです。

再就職先を考えている方にオススメのサイト→→【中高年の仕事探し決定版

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です