再就職を成功させよう

年齢というハンデをどう乗り越えるか

求人サイトの長所と問題点

インターネットの広がりによって、求人情報もこれまであった求人誌やハローワークといったところから、求人サイトやマッチングサイトなどの需要が高まってきています。

ネットの良いところはすぐに情報を更新できることです。就職情報誌の場合、締め切られてしまった求人に募集してがっかりしたということが時にありましたが、サイトの場合は決まった時点で即座に情報が書き換えられるので、そういった無駄足を踏まずに済みます。しかしながら情報の書き換えがすぐに行なえるのは良いことだけではなく、問題点も存在しています。

それがいわゆる年齢制限です。30代を超えて求人情報をチェックする場合にもっとも重要視するのは年齢かと思います。サイトだと、この記述を誤魔化している場合が多くあります。それは幅広い年齢を受け入れていた方が企業側にメリットとなる場合があるからです。しかし実際は、年齢で落とされてしまうことも多く、クレームをつければ即座にサイトの方を書き換えられるなどして、不快な気持ちになるケースもあります。また、基本的にサイト側は求人を押す立場なので、いいことしか書いてありません。上辺だけの言葉から、どれだけ企業の長所・短所を掴み取れるかが見極めのカギになるでしょう。

便利である一方、誤魔化しやすいのも特徴である求人サイトですが、情報の更新がすぐに行われるという点では大変便利に活用できるはずです。ある程度年齢を超えた場合の職探しは積極性が必要となってくるため、臆することなく行動するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です