再就職を成功させよう

年齢というハンデをどう乗り越えるか

再就職の武器は経験スキル

日本の産業は成熟期を迎えている産業が多く、これまで一般的だった事業構造だけでは継続的な発展が困難な状況です。さらに、少子高齢化社会が進んでいる背景もあり、20代や30代の若い世代の人材数が不足しています。その一方で中高年の人材の割合は高く、業績の悪化に伴い中高年がリストラの対象になるケースも増えています。

しかし、そうした中高年の世代に逆風が吹いているということばかりではありません。伸び盛りの会社や教育機関における人材では、求人サイトで40代から50代の世代を積極的に採用する動きがみられています。特に中高年が求められる場面は、人材育成や教育の現場。ベテランならではの経験やスキルを持った教育的指導ができる人材を補うため、競合他社からの引き抜きやヘッドハンティングなどのアプローチも増えています。教育機関では、若い指導者よりも経験豊かなベテランを登用した方が人々もついてきやすいという事実があり、そうした人材のニーズが増えています。

中高年の社員をうまく活用できない大手企業がある中で、活躍のフィールドを準備している新たな会社や職場も存在しています。年齢を重ねたからといって諦めてしまわず、自分の能力を活かせる分野を見つけ出しましょう。
変動が多いこれからの時代、ひとつの会社で定年まで迎えるという意識は捨てたほうがいいでしょう。安心して生き抜くためには、どのような環境においても通用するスキルや技術、コミュニケーション能力を備えておくことが非常に重要になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です